イタリア語なんでも相談室

イタリア語の文法、単語、構文、会話、学習法などの疑問をなんでも相談できるサイトです。(不定期更新)

<質問>
語学本には、友達同士の会話とかあいづちなどが載っていなくて、相手からのメッセージにも「ああ、それそれ」とか「わかるわ」とか、「大変ね」などが言えなくて困っています。

例えば冗談を言われたときに「意地悪ね」と言いたくても、どこにもそんな言葉がなく翻訳機能を使っても意味が違ってしまいます。私は翻訳機能を使うときは基本、英語からイタリア語にしています。

イタリア人が普段使うあいづちみたいなものって、どうやって覚えたらいいのでしょうか。

<回答>
確かに友だち同志の会話やあいづち等が載っている語学本は少ないかもしれませんね。

例えば、ご質問の会話などは以下のような感じになるのではと思います。


「ああ、それそれ」 Ci credo.

「わかるわ」 Lo so!

「大変ね」 Accidenti!

「意地悪ね」 Non mi prendere in giro!


その他にも


「本当?」 Ma dai!

「まさか!」 Ma va!

「冗談でしょ!」 Stai scherzando?

「残念ね」 Peccato!

「それで?」 E allora?

「そうできればいいんだけど・・」 Magari!

など、相づちにはいろいろありますよね。


翻訳機能を使う場合は、かなり現実とは違っている場合が多いので、
やはり参考にしかならないのでは、と思っています。


イタリア人が普段使うあいづちみたいなものは、
やっぱりイタリア人に教えてもらうのが一番良いと思いますが、
ニュアンスもあるでしょうし、日本語のしゃべれるイタリア人でないと
難しいかもしれませんね。


はじめてのイタリア語 (講談社現代新書)
郡 史郎
講談社
売り上げランキング: 5,028

ページ上部に